八代妙見祭の神幸(しんこう)行事

デジタル大辞泉プラスの解説

八代妙見祭の神幸(しんこう)行事

熊本県八代市の八代神社の11月の例祭妙見祭」の際に行われる神事。妙見神が海を渡る際に乗ってきたと言い伝えられる亀蛇(きだ)や、笠鉾、神輿、獅子舞などが市内を巡行する。祭の起源は江戸時代中期に遡るとされる。2011年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android