コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八代妙見祭の神幸(しんこう)行事

1件 の用語解説(八代妙見祭の神幸(しんこう)行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

八代妙見祭の神幸(しんこう)行事

熊本県八代市の八代神社の11月の例祭「妙見祭」の際に行われる神事。妙見神が海を渡る際に乗ってきたと言い伝えられる亀蛇(きだ)や、笠鉾、神輿、獅子舞などが市内を巡行する。祭の起源は江戸時代中期に遡るとされる。2011年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八代妙見祭の神幸(しんこう)行事の関連キーワード熊本県八代市揚町熊本県八代市沖町熊本県八代市新町熊本県八代市出町熊本県八代市通町熊本県八代市東町熊本県八代市本町熊本県八代市港町熊本県八代市迎町熊本県八代市渡町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone