コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例祭 れいさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

例祭
れいさい

大祭ともいう。神社において,常例によって年に1回行われる大。神社の大祭のなかで最も重要な祭りである。なかには長野県諏訪大社のように春秋2回に行われる例祭もある。期日はそれぞれの神社の由緒慣例により異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐さい【例祭】

毎年きまった月日に行われる祭り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

例祭【れいさい】

神社で行われる年1回の代表的大祭。神社の鎮座の日,祭神の忌日(いみび)にちなむものなどが多い。伊勢神宮では神嘗祭が例祭。賀茂石清水(いわしみず)・春日(かすが)各神社の例祭は,特に三勅祭と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

れいさい【例祭】

神社神道において、大祭中もっとも重要な祭祀さいし。毎年、一定の日に行われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

例祭
れいさい

恒例によって1年に1回(靖国(やすくに)神社、護国神社などの特別の神社にあっては2回)執り行われる、神社にとってもっとも重要な祭祀(さいし)で、例大祭ともいう。祭日は神社ごとの歴史、由緒によっており一様ではないが、多くは祭神や鎮座にゆかり深いたいせつな日があてられており、みだりに日時を変更することは許されない性質のものである。しかし第二次大戦後になり、しだいに日曜・祝日また昼間に変更する例が増えており、信仰の変質を示している。戦前の神社制度では祈年(としごい)祭、新嘗(にいなめ)祭とともに三大祭とされていた。[牟禮 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

例祭の関連キーワード岐阜県飛騨市古川町上気多城端神明宮祭の曳山行事保呂羽山の霜月神楽隠岐の田楽と庭の舞能郷の能・狂言陰祭り・陰祭大洗磯前神社丹生川上神社酒列磯前神社生国魂神社富岡八幡宮若王子神社大物忌神社沼名前神社四條畷神社大原野神社阿部野神社阿夫利神社金刀比羅宮照国神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例祭の関連情報