コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例祭 れいさい

5件 の用語解説(例祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

例祭
れいさい

例大祭ともいう。神社において,常例によって年に1回行われる大祭。神社の大祭のなかで最も重要な祭りである。なかには長野県の諏訪大社のように春秋2回に行われる例祭もある。期日はそれぞれの神社の由緒,慣例により異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れい‐さい【例祭】

毎年きまった月日に行われる祭り。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

例祭【れいさい】

神社で行われる年1回の代表的大祭。神社の鎮座の日,祭神の忌日(いみび)にちなむものなどが多い。伊勢神宮では神嘗祭が例祭。賀茂・石清水(いわしみず)・春日(かすが)各神社の例祭は,特に三勅祭と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

れいさい【例祭】

神社神道において、大祭中もっとも重要な祭祀さいし。毎年、一定の日に行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

例祭
れいさい

恒例によって1年に1回(靖国(やすくに)神社、護国神社などの特別の神社にあっては2回)執り行われる、神社にとってもっとも重要な祭祀(さいし)で、例大祭ともいう。祭日は神社ごとの歴史、由緒によっており一様ではないが、多くは祭神や鎮座にゆかり深いたいせつな日があてられており、みだりに日時を変更することは許されない性質のものである。しかし第二次大戦後になり、しだいに日曜・祝日また昼間に変更する例が増えており、信仰の変質を示している。戦前の神社制度では祈年(としごい)祭、新嘗(にいなめ)祭とともに三大祭とされていた。[牟禮 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

例祭の関連キーワード石清水祭大祭常例例大祭例によって例の如しイード浅原神社 秋季例大祭奉納大煙火博多祇園山笠行事玉串料と真榊(まさかき)広瀬祭

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

例祭の関連情報