八代神社

デジタル大辞泉プラスの解説

八代神社

熊本県八代市にある神社。1186年創祀。祭神は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、國常立尊(くにのとこたちのみこと)。秋の例祭八代妙見祭」の神幸行事は国の重要無形民俗文化財に指定。古くは「妙見宮」と呼ばれた。明治元年神仏分離令により改称して現名称となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八代神社の関連情報