八元(読み)はちげん

精選版 日本国語大辞典「八元」の解説

はち‐げん【八元】

(「元」は) 古代中国、嚳高辛氏の八人の才子、すなわち、伯奮・仲堪・叔献・季仲・伯虎・仲熊・叔豹・季貍をいう。→八凱(はちがい)
※性霊集‐一(835頃)入山興「。舜。。湯。与桀。紂。八元。十乱。将五臣。西嬙。母。支離体。誰能保得万年春」 〔春秋左伝‐文公一八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八元」の解説

はち‐げん【八元】

《「元」は善の意》中国古代の伝説上の帝、こく高辛氏の八人の才子。伯奮・仲堪・叔献・季仲・伯虎・仲熊・叔豹・季貍の八人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android