八坂入媛(読み)やさかのいりひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八坂入媛 やさかのいりひめ

記・にみえる景行天皇皇后
八坂入彦命(いりひこのみこと)の娘。天皇美濃(みの)行幸さい,妹の弟媛(おとひめ)のかわりにとなり,成務天皇らを生み,景行天皇52年皇后,成務天皇2年皇太后となったという。八坂入姫,八坂之入日売命(いりひめのみこと)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

八坂入媛

伝説上の人物。景行天皇の皇后。崇神天皇の子八坂入彦命の娘。八坂入姫,八坂之入日売命ともいう。景行4年2月,天皇が美濃国(岐阜県)に行幸した際,美女の評判のある八坂入彦命の娘弟媛を妃に召そうとしたが,弟媛は「交接の道を望まない」といって固辞し,代わりに姉の八坂入媛を妃にすすめた。天皇はこれを許した。八坂入媛は妃となって成務天皇ら7男6女を生み,景行52年,皇后の死をうけて,新しく皇后に立てられた。天皇の死後,成務2年に皇太后となっている。

(明石一紀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android