コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃 ミノ

大辞林 第三版の解説

みの【美濃】

◇ 旧国名の一。岐阜県の中部・南部に相当。濃州。
◇ 岐阜県中南部の市。もと城下町。長良川の谷口集落から発達。美濃紙の産地。
「美濃紙」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の美濃の言及

【将棋】より


【将棋遊び】
 将棋の駒を使った他の遊び方として,駒を積み上げて崩さないように取り除いていく積(つみ)将棋,中央3筋に9枚の駒を置いて相手側に早く達するのを競う蛙跳び,下段に駒を並べて相手の駒をはさんで取りあうはさみ将棋,金将をさいころ代りに振って盤上の周囲を回りながら上っていくすごろくの応用の歩回り(回り将棋)などがある。【増川 宏一】
〔戦法と用語〕

【王の囲いに関する用語】
美濃振り飛車に多用される囲い。片美濃,高美濃などの変型もある(図9)。…

※「美濃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美濃の関連情報