美濃(読み)ミノ

大辞林 第三版の解説

みの【美濃】

◇ 旧国名の一。岐阜県の中部・南部に相当。濃州。
◇ 岐阜県中南部の市。もと城下町。長良川の谷口集落から発達。美濃紙の産地。
「美濃紙」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みの【美濃】

[1]
[一] 東山道八か国の一国。大化改新(六四五)のときに一国となる。鎌倉時代は大内・宇都宮氏らが守護、南北朝時代以降土岐氏、次いで斎藤氏・織田信長が支配。江戸時代は諸藩・天領などに分轄され、廃藩置県後、岐阜県南部となる。濃州。
[二] 岐阜県南部の地名。長良川に沿い、古くから上有知港と呼ばれた河港で、美濃紙の集散地、飛騨材の市場町として栄えた。昭和二九年(一九五四)市制。
[2] 〘名〙
① 「みのがみ(美濃紙)」の略。
※浮世草子・元祿大平記(1702)二「是程紙の高直なるに、大直しの美濃(ミノ)を水打にして」
② 「みのぎぬ(美濃絹)」の略。
※宇治拾遺(1221頃)一四「唐綾一つをば、唐には美濃五疋が程にぞ用ゐるなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の美濃の言及

【将棋】より


【将棋遊び】
 将棋の駒を使った他の遊び方として,駒を積み上げて崩さないように取り除いていく積(つみ)将棋,中央3筋に9枚の駒を置いて相手側に早く達するのを競う蛙跳び,下段に駒を並べて相手の駒をはさんで取りあうはさみ将棋,金将をさいころ代りに振って盤上の周囲を回りながら上っていくすごろくの応用の歩回り(回り将棋)などがある。【増川 宏一】
〔戦法と用語〕

【王の囲いに関する用語】
美濃振り飛車に多用される囲い。片美濃,高美濃などの変型もある(図9)。…

※「美濃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃の関連情報