八幡の藪知らず(読み)やわたのやぶしらず

精選版 日本国語大辞典の解説

やわた【八幡】 の 藪(やぶ)(し)らず

(千葉県市川市八幡に、迷いこんだら出られないといわれた「八幡の藪知らず」と呼ばれる藪があったところからいう) はいると出口のわからない藪。はいり込むと出口のわからないこと、迷うことをたとえていう。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一六「何が何だか分りやしない。丸で八幡(ヤハタ)の藪不知(ヤブシラズ)へ這入った様なものだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

八幡(やわた)の藪(やぶ)知(し)らず

《千葉県市川市八幡にあった竹藪は、一度入ると出口がわからなくなるといわれたところから》出口がわからないこと。また、迷うことのたとえ。八幡(やわた)知らず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android