コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲

1件 の用語解説(八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲

福岡県築上郡吉富町に伝わる民俗芸能。4年に一度、八幡古表神社の8月の法生会(ほうじょうえ)の際に4年に一度奉納上演される、「傀儡子(くぐつ)」と呼ばれる木彫りの操り人形による舞(細男舞)と相撲(神相撲)。起源は鎌倉時代とされる。1983年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲の関連キーワード福岡県築上郡吉富町今吉福岡県築上郡吉富町小犬丸福岡県築上郡吉富町小祝福岡県築上郡吉富町幸子福岡県築上郡吉富町鈴熊福岡県築上郡吉富町土屋福岡県築上郡吉富町直江福岡県築上郡吉富町楡生福岡県築上郡吉富町別府福岡県築上郡吉富町広津

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone