コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲

1件 の用語解説(八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

八幡古表神社の傀儡子の舞と相撲

福岡県築上郡吉富町に伝わる民俗芸能。4年に一度、八幡古表神社の8月の法生会(ほうじょうえ)の際に4年に一度奉納上演される、「傀儡子(くぐつ)」と呼ばれる木彫りの操り人形による舞(細男舞)と相撲(神相撲)。起源は鎌倉時代とされる。1983年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone