コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡朝見神社 はちまんあさみじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡朝見神社
はちまんあさみじんじゃ

大分県別府(べっぷ)市別府に鎮座。朝見八幡ともよばれる。誉田別尊(ほんだわけのみこと)、大鷦鷯(おおささきの)尊、足仲彦(あしなかひこ)尊、気長足姫命(おきながたらしひめのみこと)を祀(まつ)る。鎮座地豊後(ぶんご)国(大分県)は、源頼朝(よりとも)挙兵後早くからその配下に入ったが、1196年(建久7)10月豊前(ぶぜん)(福岡県東半部と大分県北部)・豊後守護職大友能直(よしなお)入国のとき、鎌倉の鶴岡(つるがおか)八幡宮を勧請(かんじょう)した豊後国八幡宮七社の一つで、以後大友氏が守ってきた。明治の制で県社。例祭10月19日、ほかに4月1日春の温泉祭がにぎわう。神主家(かんぬしけ)として神(こう)氏が奉仕してきている。[鎌田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八幡朝見神社の関連情報