コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入国 ニュウコク

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐こく〔ニフ‐〕【入国】

[名](スル)
他の国にはいること。「不法に入国する」⇔出国
日本の入国管理制度で、外国人が日本の領域内に入ること。上陸3と区別していう。→領域2
領主が初めてその領地にはいること。〈日葡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうこく【入国】

( 名 ) スル
他の国にはいること。 ↔ 出国 「 -許可」 「不法-」
領主が領地にはいること。特に、領主がある領地に封ぜられて初めてその地にはいること。
近世、大名が参勤交代を終えて帰国すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の入国の言及

【出入国管理】より

…国境を出入りするすべての人の出入国を規律する制度。国民も外国人も,その対象となる。…

※「入国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入国の関連キーワード出入国管理及び難民認定法カリビアンブラック出入国管理特例法プレクリアランスイミグレーション米国の新大統領令アドミッショングリーンカード外国人労働者在留資格審査出入国審査官出入国管理法入国管理局外国人犯罪入国審査官再入国許可出入国管理不法入国者大村収容所不法滞在者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入国の関連情報