コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡高原 ヤワタコウゲン

デジタル大辞泉の解説

やわた‐こうげん〔やはたカウゲン〕【八幡高原】

広島県西北部、島根県境近くの高原。山県(やまがた)郡北広島町にある。南北8キロメートル、東西4キロメートル。最高峰臥竜(がりゅう)山(標高1223メートル)。中国山地の標高730~850メートルを超える山間にあり、1万年以上前までは湖だったため、湿原が大小20余残されている。この湿原を総称して「八幡湿原」という。西中国山地国定公園に属する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

八幡高原の関連キーワードやわたハイランド191リゾート芸北

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八幡高原の関連情報