八幡高原(読み)ヤワタコウゲン

デジタル大辞泉の解説

やわた‐こうげん〔やはたカウゲン〕【八幡高原】

広島県西北部、島根県境近くの高原。山県(やまがた)郡北広島町にある。南北8キロメートル、東西4キロメートル。最高峰臥竜(がりゅう)山(標高1223メートル)。中国山地の標高730~850メートルを超える山間にあり、1万年以上前までは湖だったため、湿原が大小20余残されている。この湿原を総称して「八幡湿原」という。西中国山地国定公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android