コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臥竜 ガリョウ

デジタル大辞泉の解説

が‐りょう〔グワ‐〕【×竜】

臥(ふ)してうずくまっている竜。
《「蜀志」諸葛亮伝から。天にも昇る勢いや能力をもちながら、じっと横になって寝ている竜に、蜀(しょく)諸葛亮(しょかつりょう)をたとえたもの》すぐれた能力をもちながら、世に知られていない人物。「臥竜鳳雛(ほうすう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がりょう【臥竜】

〔三国志 蜀書諸葛亮伝
かくれて世に知られないでいる大人物。在野の傑物。 → 伏竜ふくりよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

臥竜の関連キーワード島根女子学生遺体損壊・遺棄事件四川ジャイアントパンダ保護区群広島県山県郡北広島町西中国山地国定公園佐賀県鹿島市浜町三顧(三顧草廬)長野県須坂市臥竜東郷(鹿児島県)須坂市立博物館須坂市動物園宮(岐阜県)長野県須坂市春江亭梅麿大八木凱斗佐々木文山須坂(市)田中河内介花源洞継穂東郷[町]吾妻渓谷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臥竜の関連情報