八町礫紀平治(読み)はっちょうつぶての きへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八町礫紀平治 はっちょうつぶての-きへいじ

滝沢馬琴の「椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)」に登場する源為朝(ためとも)の家臣
琉球人の子孫で,もと豊後(ぶんご)(大分県)の猟師。石つぶてが得意で,8町以内の的ならば百発百中するところから,この名がついた。為朝の子舜天丸(すてまる)をたすけて活躍する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android