コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八町礫紀平治 はっちょうつぶての きへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八町礫紀平治 はっちょうつぶての-きへいじ

滝沢馬琴の「椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)」に登場する源為朝(ためとも)の家臣
琉球人の子孫で,もと豊後(ぶんご)(大分県)の猟師。石つぶてが得意で,8町以内の的ならば百発百中するところから,この名がついた。為朝の子舜天丸(すてまる)をたすけて活躍する。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八町礫紀平治の関連キーワード滝沢馬琴

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android