コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為朝 みなもとのためとも

8件 の用語解説(源為朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源為朝
みなもとのためとも

[生]保延5(1139)
[没]嘉応2(1170).4. /安元2(1176).3.6. 伊豆,大島
平安時代後期の武将。為義の第8子。母は江口の遊女。弓の名人として知られる。 13歳のとき父の不興を買って京都を追われ,九州に走った。肥後の豪士の阿曾忠国の婿となり,鎮西八郎と称した。九州では合戦,略奪を繰返し勢力を伸ばした。朝廷では為朝を京都に召し返そうとしたが聞き入れなかったため,久寿1 (1154) 年父為義は解官された。これを知った為朝はやむなく上京し,保元の乱では父とともに崇徳上皇側として平清盛,兄義朝軍と戦ったが敗れ,近江で源重貞に逮捕され,伊豆大島に流された。しかし,ここでも略奪,乱行があり,伊豆介工藤茂光に攻められて自殺した。巷説に,大島から琉球に渡って琉球王朝の祖となったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐ためとも【源為朝】

[1139~1177]平安後期の武将。為義の八男。豪放な性格で、弓術に長じた。13歳の時九州へ追われ鎮西八郎と称し、九州を略取。保元の乱で父とともに崇徳上皇方となり、敗れて伊豆大島に流された。のち、狩野茂光に攻められて自殺。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

源為朝【みなもとのためとも】

平安末期の武将。為義の八男。幼時から剛勇で弓術に長じた。13歳のとき父に追われ九州に勢力をはり,鎮西(ちんぜい)八郎と称した。保元(ほうげん)の乱に崇徳(すとく)上皇方として奮戦したが敗れて伊豆(いず)大島に流された。
→関連項目喜界島保元物語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為朝 みなもとの-ためとも

1139-1170 平安時代後期の武将。
保延(ほうえん)5年生まれ。源為義の8男。荒武者で父に九州へ追放され,ここで勢力をはり鎮西八郎と称した。保元(ほうげん)の乱で崇徳(すとく)上皇方につき,強弓をひいて奮戦。敗れて伊豆(いず)大島にながされ,嘉応(かおう)2年(一説に安元3年)追討をうけ自殺した。32歳。琉球にのがれたという伝説もある。
【格言など】院宣と宣旨といずれ甲乙か候(「保元物語」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源為朝

没年:治承1.3.6?(1177.4.6)
生年:保延5(1139)
平安後期の武将。為義の8男。母は摂津国江口(大阪市)の遊女。義朝の弟。没年月日は『尊卑分脈』によるが諸説がある。幼少より勇猛で,弓の芸に優れていたという。13歳のとき,父為義の不興を買い,鎮西(九州)に追放され,鎮西八郎と称す。豊後国に住し,阿蘇忠景の婿となり,九州各地に勢力を張って自ら鎮西の惣追捕使を称した。久寿1(1154)年,朝廷より召喚されたが応じず,そのため父為義は検非違使を解官された。為朝はそれを知り,手勢を率いて上洛。保元1(1156)年,保元の乱で為義に従い,崇徳上皇方で奮戦した。『保元物語』によれば,内裏高松殿に夜討ちをかけるよう上皇に進言したが,藤原頼長の反対に遭い容れられず,白河殿西門を固めた。攻め寄せた兄義朝と相まみえ,わざと義朝を射殺さず,その弓の技量を示して官軍を恐れさせた話は有名である。敗北後,再起をかけて近江に逃れ,父為義の処刑後も近江国坂田の辺に隠れていたが,源重定に捕らえられた。公卿詮議の結果,その優れた射芸により死罪を免れ,伊豆大島へ流された。配流後は近隣諸島を従えて勢力を張り,嘉応2(1170)年,伊豆介工藤茂光の追討を受け,自害したともいう。為朝に関する伝説は多く,自害せず逃れて八丈島に渡った話や琉球へ渡り琉球王の祖となった話などがある。近世,滝沢馬琴が著した『椿説弓張月』も為朝伝説をもとにしたものである。

(澤野泉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのためとも【源為朝】

1139‐77?(保延5‐治承1?)
平安末期の武将。源為義の八男,義朝の弟。母は江口の遊女。13歳のとき父の不興を買って九州に追われ〈鎮西八郎〉と号した。その勇力猛威をもって九州中を掠領し,訴えられたが朝廷の召喚にも応じなかったため,1154年(久寿1)父為義が解官(げかん)された。やむなく上洛したところ56年(保元1)7月保元の乱が起こり,為朝は父為義に従って崇徳上皇方として参戦した。軍評定(いくさひようじよう)で夜襲を献策したが藤原頼長に退けられ,逆に義朝の献策をいれた後白河天皇方に夜討をかけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのためとも【源為朝】

1139~1170) 平安末期の武将。為義の八男、義朝の弟。巨軀・剛勇・強弓をもって聞こえ、一三歳の時九州に渡り、各地を席巻して鎮西八郎と称された。保元の乱には崇徳上皇方で奮戦したが捕らえられ、伊豆大島に配流された。のち狩野茂光に攻められて自害。琉球に逃れて琉球王朝の祖になったという伝説もある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源為朝
みなもとのためとも
(1139―1177)

平安後期の武将。為義(ためよし)の八男、母は江口(えぐち)(大阪市東淀川(ひがしよどがわ)区)の遊女。通称を鎮西八郎(ちんぜいはちろう)という。弓矢の才に優れていた。13歳のとき父の不興を買って九州に追われたが、人に秀でた剛勇さで、菊池氏を味方とし九州中をかすめるほどであった。ついに香椎(かしい)宮によって朝廷に訴えられたが、朝廷の命に従わなかったため、1154年(久寿1)父為義が解官(げかん)された。翌年大宰府(だざいふ)に対して、為朝に味方する輩(やから)がないようにせよとの勅が下され、やむなく為朝は朝廷の召還に応じて帰京した。56年(保元1)崇徳(すとく)上皇を擁した藤原頼長(よりなが)が、白河(しらかわ)殿に軍兵を召集した際、源氏の郎党の多くが天皇方である兄義朝(よしとも)についたのに対して、為朝は父に従い上皇方として戦った(保元(ほうげん)の乱)。夜襲の献策が頼長によって阻まれ、ついに白河殿は陥れられた。父は斬(き)られ、為朝は伊豆大島に流罪となった。『保元物語』によると、弓の才を惜しんだ朝廷が、死罪を免じたものという。やがて近くの島をも従えて勢力をもち、悪行を続けたため、工藤介(くどうのすけ)茂光(しげみつ)の追討を受け、安元(あんげん)3年3月6日自殺した。首は京都で晒(さら)された。なお大島から琉球(りゅうきゅう)へ渡り、琉球王朝の祖となったなど多くの伝説がある。[田辺久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の源為朝の言及

【椿説弓張月】より

…読本。曲亭馬琴作,葛飾北斎画。1807年(文化4)前編刊,11年完結。5編29冊から成る長編で,島渡り伝説で名高い鎮西八郎為朝を主人公としたロマン的な英雄小説。保元の乱に敗れ,朝敵の汚名のもとに伊豆大島に流された為朝が,悲劇的な運命を甘受しつつも,妻白縫姫,一子舜天丸(すてまる),郎党鬼夜叉こと紀平治らとともに,伊豆から讃岐へ,讃岐から九州へ,九州から琉球へと漂泊をかさね,苦難に耐えながら正義に生きる物語。…

【保元物語】より

…《保元記》ともいう。乱は崇徳上皇派と後白河天皇派との皇位継承をめぐる戦いであったが,作中で最も強烈な個性をもって描かれるのは源為朝である。彼は敗北した上皇側に属しながら,一矢で敵2人を射倒したり,鞍もろとも鎧武者を射通して串刺しにするなど,獅子奮迅の働きをする。…

※「源為朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

源為朝の関連キーワード寂蓮源為朝陸九淵源氏供養松浦荘ラテラノ公会議院朝円照覚法法親王高陽院

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源為朝の関連情報