八百屋防風(読み)ヤオヤボウフウ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

八百屋防風 (ヤオヤボウフウ)

植物。セリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。ハマボウフウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の八百屋防風の言及

【ハマボウフウ(浜防風)】より

…春に若芽をつんで刺身のつまなどに用い,生で食べる。市場などで販売され,一般に料理にそえて用いられるところから,八百屋防風といわれることもある。根を北沙参(ほくしやじん)といい,咳止めなどに使う。…

※「八百屋防風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android