コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八脚門 はっきゃくもん

大辞林 第三版の解説

はっきゃくもん【八脚門】

やつあしもん【八脚門】

門の形式の一。一重の門で、本柱四本の前後にそれぞれ控え柱が合わせて八本あるものをいう。大寺院や宮城の門に用いられる。東大寺転害門が代表例。はっきゃくもん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八脚門の言及

【門】より

…以上のものはその形式に名がつけられていないが,三間一戸以下の門にはそれぞれ名称がつけられている。三間一戸の門は奥行きの柱間が2間で,親柱4本の前後に4本ずつの側柱が計8本あるから〈八脚門〉と呼ばれる。八脚門は平安京内裏の建春門などの諸門,東大寺転害(てがい)門など寺院の築地(ついじ)に開かれる門などに多くの例があり,神社にも用いられる。…

※「八脚門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八脚門の関連キーワード本山寺(香川県)山陽道野磨駅家跡長者ヶ平官衙遺跡野中寺旧伽藍跡久留倍官衙遺跡門(出入口)城輪柵遺跡豊中[町]城輪柵跡城生柵跡徳丹城跡八足門四脚門徳丹城西明寺払田柵形式宮城唐門大門

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八脚門の関連情報