コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公弁法親王 こうべんほっしんのう

1件 の用語解説(公弁法親王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

公弁法親王

没年:享保1.4.17(1716.6.6)
生年:寛文9.8.21(1669.9.16)
江戸前期の皇族。後西天皇の第6皇子,母は香久宮。貴宮と称す。延宝6(1678)年10月19日親王宣下,秀憲と名乗る。同26日得度し公弁と称す。天和2(1682)年8月12日二品。元禄3(1690)年3月輪王寺宮天真法親王の跡を継ぎ輪王寺へ入る。同6年3月21日一品に叙せられ,6月9日天台座主に任じられた。宝永4(1707)年6月3日再任し,11月6日准后に補せられた。その間,元禄10年ごろ,上野寛永寺瑠璃殿創建に寄与した。正徳5(1715)年5月5日職を辞し,京都へ戻った。

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公弁法親王の関連キーワード実相院宮義延親王逢春門院承応万治明子女王長仁親王国背別皇子国乳別皇子桜井皇子尚仁親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公弁法親王の関連情報