コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公弁法親王 こうべんほっしんのう

1件 の用語解説(公弁法親王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

公弁法親王

没年:享保1.4.17(1716.6.6)
生年:寛文9.8.21(1669.9.16)
江戸前期の皇族。後西天皇の第6皇子,母は香久宮。貴宮と称す。延宝6(1678)年10月19日親王宣下,秀憲と名乗る。同26日得度し公弁と称す。天和2(1682)年8月12日二品。元禄3(1690)年3月輪王寺宮天真法親王の跡を継ぎ輪王寺へ入る。同6年3月21日一品に叙せられ,6月9日天台座主に任じられた。宝永4(1707)年6月3日再任し,11月6日准后に補せられた。その間,元禄10年ごろ,上野寛永寺瑠璃殿創建に寄与した。正徳5(1715)年5月5日職を辞し,京都へ戻った。

(藤田恒春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

公弁法親王の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革ケンペル享保改革蕪村徳川家継天降言大薩摩節新田開発

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公弁法親王の関連情報