公益と私益(読み)こうえきとしえき(英語表記)public benefit and private benefit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公益と私益
こうえきとしえき
public benefit and private benefit

一般的,抽象的には,社会公共の利益ないしは不特定多数人の利益が公益であり,特定個人の利益が私益であるといえる。現代では公共の利益や福祉のために私益を制限するという公益優先の考え方がある。しかし,一方で公・私の境界が相対的,流動的となってきており,公益であると同時に私益であるような利益状態,あるいは公益にいくらか私益が加わっているような利益状態,またその逆の利益状態といったようなものが多く考えられる。公共事業と住民運動をめぐってよく議論が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android