六窓(読み)ロクソウ

大辞林 第三版の解説

ろくそう【六窓】

〘仏〙 眼・耳・鼻・舌・身・意の六根を、外界に通じる六つの窓にたとえた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろく‐そう ‥サウ【六窓】

〘名〙 仏語。六根(目・耳・鼻・舌・身・意)を六つの窓にたとえていう語。りくそう。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・道号・覚菴「六窓昼永周忘蝶、碧篆烟消睡起初」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六窓の関連情報