六つ(読み)ムツ

デジタル大辞泉の解説

む‐つ【六つ】

数の名。ろく。むっつ。
6歳。むっつ。
昔の時刻の名。むつどき。
㋐今の午前6時ごろ。明けむつ。
㋑今の午後6時ごろ。暮れむつ

むっ‐つ【六つ】

《「むつ」の音変化》
ろく。むつ。数をかぞえるときにいう。
6歳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むつ【六つ】

ろく。むっつ。物の数を数えるときに使う。
六歳。むっつ。
昔の時刻の名。夜と昼の境目、すなわち卯の刻(現在の午前六時頃)および酉とりの刻(現在の午後六時頃)。六つ時。 「明け-」 「暮れ-」

むっつ【六つ】

「むつ」の促音添加。六個または六歳。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐つ【六つ】

〘名〙 (「つ」は接尾語)
① 一の六倍の数。ろく。六個。むっつ。
古今(905‐914)仮名序「そもそも歌のさまむつなり」
② 第六番目。
※古今(905‐914)仮名序「そもそも歌のさまむつなり〈略〉むつには、祝ひ歌」
③ 年齢の呼び方で、六歳。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「御子むつになり給ふ年なれば、このたびは思し知りて恋ひ泣き給ふ」
④ 中古から近世における時刻の呼び方で、現在の午前六時頃、または、午後六時頃にあたる。それぞれを「明け六つ」「暮れ六つ」ともいい、太鼓や鐘で知らせた。むつどき。
※浄瑠璃・碁盤太平記(1710)「それでも成まい一つをいて、六つの鐘、山寺の春の夕べを来て見れば」
[補注]現代語の「むっつ」は江戸時代に「むつ」から生まれた形。

むっ‐つ【六つ】

〘名〙 「むつ(六━)」の変化した語。現代では、「むつ」よりも一般的に用いられる。〔倭語類解(17C後‐18C初)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六つの関連情報