共吟味(読み)トモギンミ

デジタル大辞泉の解説

とも‐ぎんみ【共吟味】

仲間どうしで調べ合うこと。
「私共も銘々身晴。―して…きっとお目にかけませう」〈浄・歌祭文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ともぎんみ【共吟味】

仲間どうしで互いに調べ合うこと。 「上下騒いで-/浄瑠璃・雪女」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とも‐ぎんみ【共吟味】

〘名〙 仲間同士で互いに調べ合うこと。
浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)中「家内には折紙道具うせたりと、家来は面々身ひらきに上下さはいで友ぎんみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる