コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家内 カナイ

デジタル大辞泉の解説

か‐ない【家内】

家の中。屋内。
家族。「家内一同」「家内安全」
妻。ふつう、他人に対して自分の妻をいうときに用いる。「家内も喜んでおります」

や‐うち【家内】

家のなか。
「三階建の、―が広いだけ一層寂しく」〈里見弴・大道無門〉
一つ家に住んでいる人。家族の者。また、親類の者。
「―残らず女郎はいやがれど」〈浮・五人女・一〉

やぬち【家内/屋内】

《「やのうち」の音変化》いえのうち。屋内
「櫛(くし)も見じ―も掃(は)かじ草枕旅行く君を斎(いは)ふと思(も)ひて」〈・四二六三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かない【家内】

家のなか。また、家族。 「 -安全」
自分の妻をいう語。 「うちの-が言うには…」 「家のことは-に任せてあります」

やうち【家内】

家の中。 「 -を覘うかがふ曲者かと怪まれる/浮雲 四迷
家の中にいる者。家族。また、親類の者。 「多くの-が世話をやく/浄瑠璃・八百屋お七」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家内の関連キーワード清元 菊寿太夫(初代)聞き済む・聞済む律儀者の子沢山問屋制家内工業ホームスパン家内労働条約八百屋お七香芝[市]加悦[町]湖北[町]栃尾[市]東金[市]家内労働法小野[市]四国中央家内労働家内工業家内安全勤め向き栃木鬼瓦

家内の関連情報