折紙道具(読み)おりがみどうぐ

精選版 日本国語大辞典「折紙道具」の解説

おりがみ‐どうぐ をりがみダウグ【折紙道具】

〘名〙
折紙付き道具。鑑定結果の折紙の付いている貴重な書画、刀剣、器物など。
世草子・男色大鑑(1687)四「扨(さて)は此専十郎折紙道具(オリカミダウグ)不破の万作に八割まし」
② 保証付きのよいもの。最上のもの。
※浮世草子・元祿大平記(1702)八「袖崎がを折紙道具(ヲリガミダウグ)といへり。きはまってよいといふ心なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「折紙道具」の解説

おりがみ‐どうぐ〔をりがみダウグ〕【折(り)紙道具】

鑑定書や価格の証明などの書き付けが添えられている貴重な道具。
保証つきのもの。最上のもの。
神崎が芸を―とへり」〈浮・元禄大平記・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android