コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共済掛金

保険基礎用語集の解説

共済掛金

共済契約において、契約の一方の当事者である共済者(共済事業団体)が危険負担という給付を行うことに対し、他方の当事者である共済契約者(原則として組合員)が負担する対価をいいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

共済掛金の関連キーワード日本体育・学校健康センター漁業災害補償制度災害共済給付制度農業協同組合農業共済組合農業共済制度保険の用語

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共済掛金の関連情報