コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共稼ぎ トモカセギ

デジタル大辞泉の解説

とも‐かせぎ【共稼ぎ】

[名](スル)
ともに働いてそれぞれかせぐこと。
「千両役者もとったりもなくてかなわぬ―」〈蘆花思出の記
夫婦がそろって勤めに出て生計を立てること。共働き。「子供ができるまで共稼ぎする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ともかせぎ【共稼ぎ】

( 名 ) スル
一家の者や仲間などが、それぞれ働いてかせぐこと。 「三人-にして短き煙を立てば/浮世草子・風流曲三味線」
特に、夫婦が二人とも働いて、収入を得ること。ともばたらき。 「 -の夫婦」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共稼ぎの関連キーワード持ち合い所帯・持ち合い世帯・持合い所帯・持合い世帯暮らしが立つ家族社会学持合い世帯DEWKs千両役者浮世草子共働き黒沢隆子供夫婦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共稼ぎの関連情報