生計(読み)せいけい

精選版 日本国語大辞典「生計」の解説

せい‐けい【生計】

〘名〙 くらしを立ててゆくための方法や手段活計。くちすぎ。すぎわい。くらし。生活。
※和漢朗詠(1018頃)下「生計抛(なげう)ち来って詩これ業なり 家園忘却して酒郷たり〈白居易〉」
※史記抄(1477)七「家の中の生計のすぎわいなんどには心をば不置ぞ」 〔白居易‐松斎偶興詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「生計」の解説

【生計】せいけい

くちすぎ。〔陳書、姚察伝〕自ら處(を)り、貲(しさん)(つね)に(むな)し。或いは生計を營むをむるるも、笑つて答へず。親屬に穆(やは)らぎ、故に(あつ)く、得る祿賜、咸(ことごと)く(しうじゆつ)に充つ。

字通「生」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android