コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千両役者 センリョウヤクシャ

デジタル大辞泉の解説

せんりょう‐やくしゃ〔センリヤウ‐〕【千両役者】

《1年間の給金千両とるほどの役者の意》
技芸・風格ともに備わった人気役者。
技量にすぐれ、きわだった活躍をして周囲を魅了する人。「サッカー界の千両役者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんりょうやくしゃ【千両役者】

歌舞伎用語。江戸時代,それぞれの役者は11月から翌年10月までの1年間契約で劇場の専属となったが,その給金が1000両の高額に達した者を千両役者という。その最初は正徳・享保期(1711‐36)の初世芳沢あやめや2世市川団十郎といわれる。その後それ以上の高給の役者も出たが,一般には金額にかかわらず,最も格式の高い役者,最高の人気役者,技芸抜群の役者,またそれらを総合したすぐれた役者をいう。【井草 利夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんりょうやくしゃ【千両役者】

〔一年の給金を千両も取る役者の意〕 格式が高く、芸のすぐれた役者。
世間の喝采かつさいを博する、非凡で魅力的な人物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千両役者
せんりょうやくしゃ

もと歌舞伎(かぶき)用語から出たことばだが、現在ではむしろ一般語として、政治家や経済人などで、堂々と他を圧するような風格をもつ人をさす褒めことばとして使われている。江戸時代の歌舞伎俳優は、11月から翌年10月までの1年間の契約で劇場に抱えられた。その年間契約が千両の高額に上る俳優を賛仰して千両役者とよんだ。その始めは正確ではないが、正徳(しょうとく)・享保(きょうほう)(1711~36)ごろにおける上方(かみがた)の初世芳沢(よしざわ)あやめ、江戸の2世市川団十郎などと伝えられる。のちには、実際には年給千両を超える俳優も出てきたが、一つの基準としてこの用語が一般化し、千両をとるほどの偉大な俳優、格式の高い俳優という意味で使われた。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千両役者の言及

【歌舞伎】より

…そのぜいたくな生活ぶりが,しばしば幕府の弾圧を受けている。役者の給金(身上(しんしよう))は,江戸時代には年給で定められ,最高額の基準を1000両としたことから〈千両役者〉の称も生まれた。実際には,千両を超す年給を得る役者もいた。…

※「千両役者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千両役者の関連キーワード市川団十郎(2代)人生は四十二から斎藤寅次郎服部幸雄共稼ぎ人物さい喝采世間

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千両役者の関連情報