具島兼三郎(読み)ぐしま かねさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

具島兼三郎 ぐしま-かねさぶろう

1905-2004 昭和-平成時代の国際政治学者。
明治38年11月5日生まれ。ファシズム研究の草分けのひとり。満鉄調査部に勤務中の昭和17年日独伊三国同盟に反対して投獄された。23年九大教授。49年長崎大学長。55年長崎総合科学大平和文化研究所長。被爆者問題や核兵器廃絶運動にも取り組んだ。平成16年11月12日死去。99歳。福岡県出身。九州帝大卒。著作に「ファシズム」「現代国際政治史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android