コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満鉄調査部 まんてつちょうさぶ

大辞林 第三版の解説

まんてつちょうさぶ【満鉄調査部】

満鉄の調査研究機関。1907年(明治40)中国に関する総合的調査研究機関として満鉄本社内に設けられ、以後日本の華北侵略の拡大に伴って、調査研究を充実させ、盛時には二千名以上を擁した。日本軍との緊密な協力の下での国策研究機関であったが、「支那抗戦力調査」など反戦的意味をもつ成果も生み出した。日本の敗戦とともに消滅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まんてつちょうさぶ【満鉄調査部】

南満州鉄道株式会社(満鉄)の調査研究機関。日露戦争後1906年に創設された満鉄の初代総裁後藤新平は植民地経営を合理的基礎のうえにおくための総合的調査研究機関の必要を認め,東亜経済調査局,地質研究所,中央試験所とともに07年本社に調査部(翌年調査課と改称)を設置した。調査課は当初主として満州(現,中国東北部)・モンゴル地方の政治,経済,旧慣などの基礎的調査を行ったが,23年の機構改革とともに調査事項が拡大され,ソビエトロシアや中国本土に関する研究が開始され,そのなかでかならずしも社業にとらわれない現代中国についての本格的研究も行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

満鉄調査部の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門カラジアーレ複成片麻岩内褶曲ウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太新派劇ドキュメンタリー映画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満鉄調査部の関連情報