典拠レコード(読み)てんきょれこーど(英語表記)authority record

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

書誌的記録(書誌レコード)への検索の手がかりとなる統制形アクセスポイント標目)について,アクセスポイントの典拠形(典拠形アクセスポイントまたは統一標目と呼ぶ),その異形(異形アクセスポイントまたは参照と呼ぶ),典拠形選定の根拠となった情報源などを,目録規則や典拠フォーマット(典拠レコードを対象とするMARCフォーマット)に従い記録したレコード.個人名,団体名,会議名,地名,著作の優先タイトル(統一タイトル),シリーズ名などを対象とする名称典拠レコードと,件名を対象とした件名典拠レコードとがある.典拠レコードは,目録データベース中で,ある統制形アクセスポイントが書誌レコードに初めて付与されるときに作成され,それ以後,同じ統制形アクセスポイントを付与する際の典拠となる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android