標目(読み)ヒョウモク

  • ひょうもく〔ヘウ〕

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

“書誌的記録を検索する手がかりとなるもので,目録記入の冒頭に記載され,その排列位置を決定する第一要素.標目となるものには,タイトル,著者,件名および分類記号がある”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).標目は,検索および排列の機能を果たすために,集中性,排他性,および排列性を条件として備えなければならない.同一著者によるものや同一主題のものを集中させるために,統制された統一標目を用い,同時に排他性を実現するために,同名異人に生没年などの付記事項を付加して区別を可能としたりしている.また,表意文字言語によるタイトル,著者,件名に関しては,排列が容易な片かなやローマ字で表記することにより,排列性を保証している.RDAおよび『日本目録規則2018年版』では標目という用語は用いず,アクセスポイントを使用している.標目とアクセスポイントは同義で用いられることも多いが,標目が一定の形式に整えたものを指すのに対して,アクセスポイントは各種のコード化情報,検索可能な記述中の出現語句などをも含めた,より広義の用語とする捉え方もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android