コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

典論 テンロン

デジタル大辞泉の解説

てんろん【典論】

中国の文学書。もと5巻20編。魏(ぎ)の文帝曹丕(そうひ)撰。文学や文体を本格的に論じた最初の図書。自叙文と「文選」に引用された「論文」のみが残っている。典論論文。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんろん【典論】

中国、魏の文帝曹丕そうひの文学評論。「論文」一編が伝わる。文体や建安七子の文学を論ずる。「けだし文章は経国の大業、不朽の盛事」の一節がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

典論の関連情報