コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

典論 テンロン

デジタル大辞泉の解説

てんろん【典論】

中国の文学書。もと5巻20編。魏(ぎ)の文帝曹丕(そうひ)撰。文学や文体を本格的に論じた最初の図書。自叙文と「文選」に引用された「論文」のみが残っている。典論論文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんろん【典論】

中国、魏の文帝曹丕そうひの文学評論。「論文」一編が伝わる。文体や建安七子の文学を論ずる。「けだし文章は経国の大業、不朽の盛事」の一節がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

典論の関連キーワードチボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式文章は経国の大業不朽の盛事カルルシュタット因果律(量子論)ボーアの対応原理トムソン散乱ボアソナード無常といふ事天賦人権論文帝[魏]非単調論理特異点定理民法典論争記号論理学量子仮説サビニー量子論理量子重力

典論の関連情報