コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹丕 ソウヒ

デジタル大辞泉の解説

そう‐ひ〔サウ‐〕【曹丕】

[187~226]中国、三国時代魏(ぎ)の初代皇帝。在位220~226。曹操長子。字(あざな)は子桓(しかん)。諡号(しごう)、文帝廟号世祖。父を継いで王となり、後漢献帝禅譲によって帝位につき、洛陽を都と定め、国号を魏と号した。九品中正法を施行。詩文を好み、楽府にすぐれた。著「典論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうひ【曹丕】

187~226) 中国三国時代、魏の初代皇帝(在位220~226)。諡おくりなは文帝。廟号びようごうは世祖。曹操の長子。後漢の献帝を廃して帝位につき洛陽らくように都した。九品中正法を施行。文人としてもすぐれた。著「典論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曹丕
そうひ
(187―226)

中国、三国魏(ぎ)の初代皇帝(在位220~226)。諡(おくりな)は文帝。廟号(びょうごう)は世祖。字(あざな)は子桓。曹操(そうそう)の長子。弟の曹植(そうしょく)を推す派を退けて太子となった。220年、曹操が死ぬと、曹操の官と爵を継いで丞相(じょうしょう)・魏王となった。名臣といわれる陳羣(ちんぐん)の発議により、従来の郷挙里選にかえて九品官人法(きゅうひんかんじんほう)(九品中正(ちゅうせい)法ともいう)を施行し、人材を魏に吸収しようとした。後漢(ごかん)の献帝から禅譲を受けて皇帝に即位し、冀(き)州の(ぎょう)から洛陽(らくよう)に移ってここを国都と定めた。文帝は後漢の失敗にかんがみて、諸王である陳彰、陳植の二弟の党派を退けるなど、宗室諸王に権益を与えず、その有名無実化を計った。孫権が臣属を求めてくると、呉王に封じ、孫権に人質を要求した。孫権が人質を拒み、かつ魏に対抗するために、独立して蜀(しょく)との同盟を再開したため、文帝は広陵に親征したが、失敗して帰還した。文帝は博聞強識、才芸兼備とされ、曹操、曹植とともに詩賦をよくし、『典論』を著述して、文学独自の価値を宣言した。また諸儒に命じて最初の類書とされる『皇覧』を編集させた。[上田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の曹丕の言及

【魏】より

…後漢末の動乱期に,曹操が対立する群雄を倒して華北を平定し,213年(建安18),献帝から鄴(ぎよう)(河北省臨漳県)を中心とする魏国公に封ぜられたのが始まりで,3年後に魏王に進められたが,220年のはじめに死ぬ。後をついだ子の曹丕(そうひ)がその年の10月,献帝の禅譲を受けて帝位に昇り,ここに後漢は滅んで,同じく洛陽を首都とする魏国が正式に成立した。曹丕(文帝)の次の明帝曹叡(そうえい)は高句麗を破り,独立していた公孫淵を滅ぼして,支配地域を遼東から北朝鮮に広げたが,やがて249年(嘉平1)以後,実権は司馬懿(しばい)父子の手に握られ,その意のままに天子の廃立が行われる状態になった。…

【建安文学】より

… 建安文学が革新性に富むについては,まず文学観自体の変革を挙げねばならぬ。文帝曹丕(そうひ)の《典論》論文篇には〈文章は経国の大業にして,不朽の盛事なり〉との,文学に対する高い評価が見える。両漢を通じて,文学は政治や道徳に従属し,作者は倡優に類するとする文学観の大勢であったのとは,大いに異なる。…

【中国文学】より

…〈古詩十九首〉は少しく先だち,民謡の歌詞に手を加えて成ったと思われる(古詩)。曹操(魏の武帝)とその子曹丕(そうひ)(魏の文帝)をとりまく宮廷文人の一団を〈建安の七子〉とよぶ(建安文学)。彼らの作品の用語はおもに古典(および漢代の〈賦〉)から取られたが,俗語の要素もあり,民謡から発展したことを示す。…

【文帝】より

…在位220‐226年。姓名は曹丕(そうひ),廟号は世祖。武帝曹操の長子で母は倡家の出身。…

※「曹丕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

曹丕の関連キーワード文章は経国の大業不朽の盛事曹操(155~220)明帝(中国、三国魏)豆を煮るに萁をたく魏晋南北朝時代魏[三国時代]呉[三国時代]献帝[後漢]九品官人法文帝(魏)世祖(魏)建安七子七歩の才夏侯惇列異伝邯鄲淳司馬懿建安体何晏孔融

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曹丕の関連情報