コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼法 かねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼法 かねのり

?-? 室町-戦国時代の刀工。
美濃(みの)(岐阜県)関の人。奈良太郎の流れをくむという説と,永正(えいしょう)(1504-21)のころの人で兼定門人とする説とがある。通称は介右衛門尉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼法の関連キーワードカール・アルバート スターブM.A. ロブレスG. バーウィックホウラーニー大島 久満次石黒 武重穂積 陳重大平 善梧後藤田正晴鈴木喜三郎マウラー戦国時代有松英義スターブ田健治郎石黒武重秋田大助森戸事件西教寺ブスケ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼法の関連情報