コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼定(読み)カネサダ

大辞林 第三版の解説

かねさだ【兼定】

室町中期、美濃、関の刀工。和泉守。吉右衛門尉と称したとも伝える。関七流徳永派。「定」の字のウ冠の下を「之」と切るところから之定のさだと呼ばれる。兼元と並ぶ美濃刀工の代表者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兼定の関連情報