コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼定 カネサダ

デジタル大辞泉の解説

かねさだ【兼定】

室町後期の美濃刀工。和泉守。「定」のウ冠の下を「之」と銘したので之定(のさだ)とよばれた。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねさだ【兼定】

室町中期、美濃、関の刀工。和泉守。吉右衛門尉と称したとも伝える。関七流徳永派。「定」の字のウ冠の下を「之」と切るところから之定のさだと呼ばれる。兼元と並ぶ美濃刀工の代表者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

兼定の関連キーワードキリシタン大名長宗我部元親清田ジュスタ源定平(1)兼定(3)花山院通定土佐一条氏宇都宮豊綱兼定(1)土井宗算一条兼定一条内政一条教房関[市]中村城代表者土佐国モンテ関市関物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼定の関連情報