内心如夜叉(読み)ないしんにょやしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

ないしん【内心】 如夜叉(にょやしゃ)

「外面(げめん)如菩薩(にょぼさつ)、内心如夜叉」の前半を略した語。心の中は夜叉のように残忍邪悪であるの意。
※十訓抄(1252)八「女人をば仏も内心如夜叉と仰せられたれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報