外面似菩薩内心如夜叉(読み)ゲメンジボサツナイシンニョヤシャ

デジタル大辞泉の解説

外面(げめん)似菩薩(じぼさつ)内心(ないしん)如夜叉(にょやしゃ)

顔は菩薩のように優しいが、心は夜叉のように険悪で恐ろしいの意。女性が仏道の修行の妨げになることをいった言葉。外面如菩薩(にょぼさつ)内面如夜叉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げめんじぼさつないしんにょやしゃ【外面似菩薩内心如夜叉】

外面は菩薩のように優しく美しいが、内心は夜叉のように邪悪であるということ。仏教で、男性の煩悩の種となる女性をたとえていう。 〔経論にはなく、日本でつくられた言葉〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android