コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内払制度

1件 の用語解説(内払制度の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

内払制度

自賠責保険において総損害額が確定する前であっても、被害者(あるいは被保険者)からの請求に基づき、既発生の損害額(治療関係費、休業損害等)が一定額以上であることが確認されたときは、その金額を先に支払う制度を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内払制度の関連キーワード自賠責保険任意保険加害者請求自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)任意・自賠責一括払システム被害者請求(自賠責保険)加害者請求(自賠責保険)重過失減額(自賠責保険)政府の補償事業自賠責調査事務所

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone