コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内沼 ウチヌマ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ぬま【内沼】

宮城県北部にある沼。面積0.98平方キロメートル、最大深度1.6メートルの低湿地湖沼。ハクチョウガンなどが毎年飛来する。「伊豆沼・内沼の鳥類およびその生息地」として、国の天然記念物に指定されている。昭和60年(1985)ラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

内沼の関連キーワード宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター栗原市サンクチュアリセンター つきだて館登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター日本のラムサール条約登録湿地宮城県栗原市若柳上畑岡宮城県登米市迫町新田宮城県栗原市築館宮城県登米市宮城県栗原市能代(市)釧路平野迫[町]迫〈町〉小川原湖栗原市迫川登米若柳栗原築館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内沼の関連情報