コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田三平 うちだ さんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田三平 うちだ-さんぺい

1879-1950 明治-昭和時代の技術者。
明治12年11月13日生まれ。36年生地の静岡県西方村(菊川町)で内田刃物工場を創業。大正2年内田式茶摘み鋏(ばさみ)を考案し,4年専売特許登録,東京博覧会などで受賞した。この鋏は大正末期より全国に普及した。昭和25年4月20日死去。70歳。旧姓井伊谷

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内田三平の関連キーワード昭和時代技術者明治

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android