内田幸男(読み)うちだ ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田幸男 うちだ-ゆきお

1926-1997 昭和後期-平成時代の眼科学者。
大正15年6月23日生まれ。徳島大助教授などをへて,昭和47年東京女子医大教授。のち同大専務理事,日本眼科学会理事長などをつとめた。ウイルス性結膜炎など眼感染症の研究で知られる。平成9年12月22日死去。71歳。埼玉県出身。東大卒。著作に「角膜ヘルペスとその関連疾患」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内田幸男の関連情報