コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内腹斜筋 ないふくしゃきん internal oblique muscle of the abdomen

1件 の用語解説(内腹斜筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内腹斜筋
ないふくしゃきん
internal oblique muscle of the abdomen

側腹部を構成する筋肉の一つで,全体を外腹斜筋におおわれている。腰腱膜,腸骨稜,鼠径靭帯から起り,内上方に向って腹直筋鞘に入る。内腹斜筋の走行は外腹斜筋に直交するような方向であるため,上体を回す場合は外腹斜筋の拮抗筋として働くことになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内腹斜筋の関連キーワードコハク酸内臓筋フェニルアラニンプロトマーウリジン骨子人員外腹個別細胞骨格タンパク質

内腹斜筋の関連情報