コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤泉庵 ないとう せんあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤泉庵 ないとう-せんあん

?-? 江戸時代中期の医師。
信濃(しなの)(長野県)松本の人。江戸で開業し頓服(とんぷく)薬の白虎湯(びゃっことう)をもちいて名をあげた。享保16年(1731)「医経解惑論」をあらわす。太宰春台(だざい-しゅんだい)と親交をむすんだ。名は希哲。字(あざな)は師道

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android