頓服(読み)とんぷく

精選版 日本国語大辞典「頓服」の解説

とん‐ぷく【頓服】

〘名〙
① 薬物投与法の一種。対症療法として症状が現われるごとに服用させる服薬法。主に鎮痛・解熱・睡眠・鎮静剤などの投与に用いられる。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「一貼の解熱剤を与へられた」
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一二「今夜頓服(トンプク)を飲んで、成る可く風に当らない様にしろと云ふ注意である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「頓服」の解説

とん‐ぷく【頓服】

対症療法として薬を何回にも分けずに1回に飲むこと。発熱や痛みなどの症状が出た際に、薬を1回だけ飲むこと。また、その薬。1回服用する分を一包にしてある。頓服薬
[類語]服用服薬内用一服内服内服薬内用薬飲み薬経口剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「頓服」の解説

【頓服】とんぷく

一度にのむ。

字通「頓」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android