内部障害者(読み)ないぶしょうがいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部障害者
ないぶしょうがいしゃ

身体障害者福祉法に定められた身体障害者の一区分。内臓機能に障害をもつ人。心臓機能,腎臓機能,呼吸器機能,膀胱・直腸機能,小腸機能,ヒト免疫不全ウイルス HIVによる免疫機能の障害で,日常生活活動の制限の度合いによって 1級,3級,4級(一部の障害を除いて 2級はない)に分けられる。一般的に外見から身体障害者と判断されにくいことが多く,障害の認知度の低さが問題となっている。内部障害者更生施設においては生活環境の確保や社会的自立に向けて,療養・生活介護,機能・生活訓練,就労移行・継続支援が行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

内部障害者

心臓や腎臓、呼吸器など体の内部に障害がある人。疲れやすい、ウイルスに感染しやすいなど様々な困難を抱えているが、見た目でわかりにくいため理解されないことが多い。身体障害者手帳を持つ人のうち、少なくとも約3割にあたる約150万人にのぼる。

(2016-06-07 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内部障害者の関連情報