コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白浜町 しらはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白浜〔町〕
しらはま

和歌山県南西部,太洋に突出する白浜半島と富田川下流域,および日置川中・下流域を占める町。1940年瀬戸鉛山村から名称変更して町制施行。1955年南富田村を,1958年富田村と田辺市の一部をそれぞれ編入。2006年日置川町と合体。町域の西半分はおもに温泉を中心とした観光地。奈良時代から牟婁ノ湯(むろのゆ)として知られた湯治場の湯崎を中心に,第1次世界大戦後白浜地区の温泉開発が進み,1933年の紀勢線開通後急速に発展。南西部の椿温泉も含めて白浜温泉と呼ばれ,全国的にも名高い。白良浜は町名の由来となった砂浜海岸で,海水浴の適地。加えて海食地形の円月島(高嶋)および千畳敷(国指定名勝),三段壁などの海岸美に恵まれ,ゴルフ場,動物園や水族館などの複合施設アドベンチャーワールド,海中展望塔などの施設も多い。北西の番所崎には南方熊楠の記念館がある。町域の東半分はほとんどが山地で,林業が中心。江戸時代から木材の集散地として栄えた。海岸線沿いの富田坂から仏坂,すさみ町の長井坂に続く熊野古道の大辺路は,「紀伊山地の霊場と参詣道」として 2004年に世界遺産の文化遺産に登録(→熊野街道)。また国の史跡にも指定されている。白浜の泥岩岩脈,化石漣痕,オオウナギ生息地はいずれも国指定天然記念物。町域の一部は吉野熊野国立公園大塔日置川県立自然公園古座川県立自然公園に属する。JR紀勢本線,国道42号線が通るほか白浜スカイラインが通じ,南紀白浜空港もある。面積 200.96km2。人口 2万1533(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しらはま‐ちょう〔‐チヤウ〕【白浜町】

白浜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

白浜町の関連キーワード和歌山県西牟婁郡白浜町竹垣内和歌山県西牟婁郡白浜町田野井和歌山県西牟婁郡白浜町口ケ谷和歌山県西牟婁郡白浜町十九渕和歌山県西牟婁郡白浜町市鹿野和歌山県西牟婁郡白浜町内ノ川和歌山県西牟婁郡白浜町宇津木和歌山県西牟婁郡白浜町神宮寺和歌山県西牟婁郡白浜町玉伝和歌山県西牟婁郡白浜町矢田和歌山県西牟婁郡白浜町向平和歌山県西牟婁郡白浜町久木和歌山県西牟婁郡白浜町安宅和歌山県西牟婁郡白浜町中嶋美波バンガロー・キャンプ場和歌山県西牟婁郡白浜町寺山和歌山県西牟婁郡白浜町塩野和歌山県西牟婁郡白浜町小房和歌山県西牟婁郡白浜町北谷和歌山県西牟婁郡白浜町大古

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白浜町の関連情報