コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島 たかしま

26件 の用語解説(高島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高島
たかしま

滋賀県北西部,高島市南部の旧町域。琵琶湖中西岸にある。 1943年大溝町と高島村,水尾村の2村が合体して町制。 2005年マキノ町,今津町,朽木村,安曇川町,新旭町の5町村と合体して高島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

長崎県南部,長崎市南部の旧町域。長崎湾にある高島,中ノ島端島で構成される。 1948年町制。 1955年高浜村の一部 (瑞島) と合体。 2005年長崎市に編入。高島と端島は海底炭田 (→高島炭鉱 ) の坑口を有し,高カロリーの原料炭を産してきたが,そのうち軍艦島と呼ばれた端島は 1974年に,高島は 1986年に閉鉱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

徳島県北東端,鳴門市に属する鳴門三島の1つ。東に大毛島,北西に島田島が接近し,その間の内ノ海は真珠,ハマチの養殖場。島の大半を占める藩政時代以来の塩田跡地には,国立鳴門教育大学が建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

佐賀県北西部,唐津湾にある島。唐津市に属し,メサ (テーブル) 状の玄武岩台地から成る。漁業が主で畑作を兼ね,ノリの養殖もみられる。唐津の中心市街地から約 3kmの沖にあり,定期船が通じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

大分県東部,佐賀関半島沖合い 3.5kmの速吸瀬戸にある無人島大分市に属する。最高点は 146m。 1924年豊予要塞の一部として砲台が築かれた。第2次世界大戦後は一時,戦災孤児のための高島共和園がつくられたが,1953年以後は再び無人島。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

宮崎県北東端,日向灘に浮かぶ無人島。延岡市に属し,宮野浦港の南方約 3.5kmに位置する。周囲約 2km,面積約 0.2km2ビロウの自生地が国の天然記念物に指定されている。日豊海岸国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

高島
たかしま

繊維・建材の商社。 1915年,繊維製品の販売を目的として高島屋商店として創立。 31年,改組と同時に高島屋商店に改称する。 39年に高島屋工業の商号を経て,49年現社名となる。その後,電子機器なども取扱い,多角化を推進中である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかしま【高島】[滋賀県の市]

滋賀県北西部にある市。近畿中心部と北陸を結ぶ西近江路、若狭路が縦貫する。平成17年(2005)1月にマキノ町、今津町、朽木(くつき)村、安曇川(あどがわ)町、高島町、新旭町が合併して成立。人口5.2万(2010)。

たかしま【高島】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「高島」姓の人物
高島嘉右衛門(たかしまかえもん)
高島秋帆(たかしましゅうはん)
高島米峰(たかしまべいほう)

たかしま【高島】[長崎県の旧町名]

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった町。高島・中ノ島・端(は)島からなり、海底炭田で知られた。平成17年(2005)1月に長崎市に編入。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

高島

島根県益田市北部の土田地区の北方、約12kmに位置する無人島。高島灯台がある。かつては有人島だったが、1972年の集中豪雨で大きな被害を受け、住民が集団移転して無人島化した。

高島

岡山県岡山市、児島湾内にある花崗岩の無人島。笠岡諸島の最北端に位置し、国の名勝に指定されている。

高島

香川県高松市庵治町にある無人島。

高島

愛媛県宇和島市、九島の南西、宇和島港の西約5.6kmに位置する無人島。西予市にある高島とは別の島。

高島

愛媛県西予市三瓶町下泊の北西沖、宇和海に浮かぶ無人島。宇和島市の高島とは別の島。

高島

長崎県西海市西彼町、亀浦郷の恵比須鼻東方の大村湾に浮かぶ無人島。

高島

大分県大分市、佐賀関半島の先端から東へ約3.7km、豊予海峡に浮かぶ無人島。第二次世界大戦後に、戦災孤児のための保護施設が作られたが、1953年に廃止されて無人島化。ウミネコの営巣地の南限としても知られる。

高島

宮崎県延岡市北浦町、宮浦地区の南方に位置する無人島。亜熱帯性植物のビロウ自生の北限地として、国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

高島

正式社名「高島株式会社」。英文社名「TAKASHIMA & CO., LTD.」。卸売業。大正4年(1915)前身の「合名会社高島屋商店」設立。昭和6年(1931)株式会社化。同24年(1949)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区神田駿河台。商社。発祥の繊維製品から取扱品目を多角化。主力は建材。ほかに鉄道車両用部材・電子機器・アパレル製品など。東京証券取引所第1部上場。証券コード8007。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかしま【高島】

滋賀県北西部,琵琶湖西岸に位置する市。古くから湖西の交通の要衝として発展。安曇あど川下流域は水田地帯,山間部では林業が中心。扇骨業で知られる。中江藤樹の生地。
長崎県南部,長崎市の旧炭鉱町。長崎半島沖合の小島,高島・端島(俗称,軍艦島)などから成り,海底炭田から良質の粘結炭を産出した高島炭田は1986年(昭和61)閉山。

たかしま【高島】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕高島(たかしま)


大分県東部、関(せき)崎の東方沖約3.7kmにある島。面積0.9km2。大分市に属する無人島。高さ20~40mの海食崖(かいしょくがい)が発達し、ビロウ・アコウが自生する。日本南限のウミネコの生息地。瀬戸内海(せとないかい)国立公園に含まれる。付近はアジ・サバ・アワビサザエの好漁場。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高島の関連キーワード八雲愛人辭・事・似・侍・児・兒・地・字・寺・峙・怩・恃・慈・持・時・次・治・滋・爾・璽・痔・磁・示・耳・自・辞・餌松柏砂山チェリー花菱滋野甲藤原実国

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高島の関連情報