コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円目王 つぶらめおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円目王 つぶらめおう

垂仁(すいにん)天皇の皇子。
令集解」によれば,雄略天皇死去のとき,妻の伊賀比自支和気(いがの-ひじきわけ)の娘にかわって天皇の魂をしずめた。その功により「手足の毛,八束の毛となるまで遊べ」との詔をうけ,遊部君(あそびべのきみ)と名づけられたという。遊部の起源説話である。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android