円空彫(読み)えんくうぼり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

円空彫[木工]
えんくうぼり

東海地方、岐阜県の地域ブランド。
高山市で製作されている。多数の木彫仏像を残した江戸時代前期の僧・円空。高山市丹生川地区には円空上人が長く滞在していたといい、円空ゆかりの地である。杉・椹・檜の原木を使用。鉈で大胆に荒彫りし、鑿で仕上げ彫りがおこなわれる。特に、大きな彫り物を得意とする。岐阜県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

円空彫

岐阜県高山市の丹生川町を中心に生産される木彫りの仏像。当地には江戸時代の僧・円空が長く滞在したと伝わり、その作風を模した木彫刻の仏像が古くからつくられてきた。岐阜県郷土工芸品に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android