コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再熔融作用 さいようゆうさよう remelting, refusion

1件 の用語解説(再熔融作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

再熔融作用

固相状態の各種の岩石が地殻深部に押し込められ,温度の上昇による加熱や液相の浸透などによって再び熔融状態となること.再熔融作用は全てが液相となる場合も一部が液相となる場合もあるが,このような作用を変成作用と言えるかどうか問題がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再熔融作用の関連キーワード押込め火成活動固相岩組押込み強盗押込める圧し込む深成論ネオマグマ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone